安い車検業者を探し出そう|粘り強く比較してみるべし

レディー

車を守る手入れ

白い自動車

自動車を綺麗に保つ手段の1つにコーティングという方法があります。コーティングを行なうことで自動車の車体はピカピカに輝き、傷がつきにくくなるのです。このコーティングと似ているのがワックスです。こちらも自動車をピカピカにすることができる方法で、その違いを詳しく知っているという人は少ないでしょう。自動車のコーティングとワックスは何が違っているのでしょうか。深い艶を与えてくれるワックスの原料は天然カルナウバロウというものです。質のいいカルナウバロウが使われているものほど高級なワックスになります。ワックスを自動車の車体に塗ると濡れたように綺麗な艶がでるでしょう。1番その効果を実感しやすいのが黒系の自動車で、きちんとワックスを使うことで鏡のように綺麗な仕上がりを実現できます。そして、油分でできているワックスを用いることで水に強い車体を作ることができるのです。撥水効果で水を弾くようになる反面、油分にほこりや汚れが付着しやすくなってしまうできになる人は小まめにケアしましょう。
一方、コーティングに使われている材料にはフッ素やシリコンのポリマー成分が含まれています。このポリマー成分のおかげで車を汚れから守ってくれるのです。ワックスと比べると艶の感じは少し落ちてしまいますが、ほこりや汚れなどは付着しにくくなります。撥水というほど高い効果はありませんが、綺麗に水が落ちるのでボディに水滴の跡が残りにくいという特徴があります。そして、コーティングの1番の特徴は効果が長く続くということです。市販のものでも3ヶ月くらいの効果が期待できます。自動車のコーティングを専門にしている業者に頼めば更に長い間その効果を持続できるでしょう。